Home » 延岡で生きる。, 防犯設備士甲斐貴光のブログ » 宮崎県延岡市

宮崎県延岡市

今週の土曜日・日曜日で延岡夏の一大イベントでもある、「祭り延岡」と「花火大会」が行われます!

当初は、口蹄疫の影響で「今年は中止か?」という噂もありましたが、移動制限の解除もあって開催するみたいです。

「祭り延岡」は今年は、口蹄疫の影響により冷え込んだ市内の活気を取り戻すとともに、まつり延岡の機運を醸成するため、祇園町において小さなまつりのべおか「こばんば」を開催し、市民の皆さんに元気を出してもらいます。

とのことで、毎年開催の「祭り延岡」とは少し規模が小さく、内容も違います。

恒例の「ばんば総おどり」「出会い神輿」「太鼓競演会」の開催は今年はなく、開催内容は

1 .   こばんばの開催(19時から20時30分)
       祇園町の車道上にヤグラを設営し、踊りや太鼓を実施。

2.    ステージイベントの開催(16時30分から)
        ステージ上でのオープニングセレモニー、こばんばの合間にステージイベント

3.    ゲームコーナーの開催

4.    各種出店(飲み物や食べ物コーナー・露天商のお店)

※この日から、山下新天街で「のべおか七夕まつり」が開催されます。 

毎年、盛り上がっているので今年は、内容は違いますが延岡が活気づくことまちがいないと思います!

日曜日の花火大会は、メイン会場を大瀬大橋下の広場に移し、打ち上げ場所も昨年よりも若干上流に移動しました。打ち上げ場所から観覧席が150mしか離れておらず、近距離からの観覧は臨場感あふれ圧巻です。夏の夜空に7,000発の花火が舞い上がります。

そんな祭りモードの延岡市の中こんな記事がありました。

北方延岡道路の昨年度当初予算は約6億円。同年5月に付いた補正予算が約10億円で計約16億円で用地買収や設計、施工を行い、これまでに北方IC付近に着工しました。
しかし国交省によると、今年度の国の当初予算は、政権交代で減額され、北方延岡道路が2億円、高千穂日之影道路が7500万円。用地買収や調査しかできない予算で建設工事は到底できない。
このままの予算では、単純計算すると、完成までに高千穂日之影道路が270年、北方延岡道路は79年かかる。

この記事を見て国交省の工事が出ない理由がわかりました。

補正予算が付かなかったらと思うと、延岡の建設業の冷え込み方が目に見えて想像できます!

今年は、予算が付かなくても来年付くだろうと言うことはまずなく、今年と同じか来年はもっと冷え込むかもしれません。

又、今年も補正予算で予算が上がり、昨年度以上になるかも全然分かりません…

公共工事は「待つ身」な為、これから益々当てにならないような気がしてなりません。

5年後、10年後の会社の中身のイメージが大切なのかと思いました。

 
最後まで読んでいただきありがとうございます!!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮崎情報へ

クリックお願いします。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

下記の関連記事も読まれています

    関連記事はありません

コメントする

メールアドレスは非公開です

最新記事

2011年8月1日
ボランティア活動
2011年7月29日
移動中。
2011年7月25日
テレビからネット
2011年7月20日
本格的な夏
2011年7月15日
レンタルサービス
  • 新着コメント

  • タグクラウド

    No tags.
  • 記事カテゴリ