Home » 後継者として, 防犯設備士甲斐貴光のブログ » 人口について

人口について

最近、後継者育成塾での宿題を事務所に缶詰め状態で徹底的にしています。

本当にむずかしく、毎日頭をフル回転って感じです。

そんな中、パソコンのファイルを整理する機会があり整理していると昔、ダウンロードしていた興味深いデータを発見しました。

「宮崎県の年齢3区分別人口割合の推移」

 

「年齢5歳階級別人口」

 

年々人口が減少しているということは、出生率より死亡率が上回っているということであり

表をみて分かるように同時に生産人口年齢(15~64歳)が減ってきています。それと反対に減った分だけ高齢者が増えています。

最近見かけた、平日の駅や商店街付近では、おじいさん・おばあさんがほとんどで若い人はほとんど見かけない状況です(*_*)

10年後には確実に生産人口が50%付近になっていると思います。

ということは、2人に1人しか働いていない状況です。

働き手が減るので企業数も必然的に減るんじゃないの?
企業規模の縮小?
外国人雇用の増加?
などなど

疑問がいっぱいあり、同時に不安もあります。

自分の会社は建設業であり、一人一人が力や知恵を合わせて道路を作ったり、河川を綺麗にしたり、土砂崩れを復旧したりで人がいっぱい居なければできない仕事です。

なので人口減少や高齢化社会に対して、真剣に将来の道を考えなければならないと思っています。

自分の会社の平均年齢は51歳で、中には26歳の自分より力があり、元気な60歳前後の人も頑張って働いています!

そんな人達も10年後現場等で働いていないと考えると、若い人達が今の内その人達の知恵や技術を盗み、会社を引き継いでいかないと会社の存続と発展はありえないと考えます!

最近、日常的なことにも、いろいろ考えさせられることがたくさんあることに気づきました!

話が堅くなりすいません!(T_T)

最後まで読んでいただきありがとうございます!!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮崎情報へ

クリックお願いします。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

下記の関連記事も読まれています

    関連記事はありません

2 Comments

  1. 投稿日 2010年6月15日 | パーマリンク

    おぉぉ...勉強してますね~(笑)素晴らしいです。
    そう少子高齢化は「すでに起こった未来」なんですよね…

  2. ひむか建設
    投稿日 2010年6月15日 | パーマリンク

    コメントありがとうございます。
    後継者育成塾では大変お世話になっています!
    前回の育成塾での宿題が難しく時間だけが過ぎ頭を悩ましています(笑)
    「すでに起こった未来」本当にその通りだと思います。
    少子高齢化は確実に起こるしもうすでに起こっています。
    このことについては、日々考えさせられます!

    まだまだ勉強不足な自分ですが、これからもよろしくお願いします!

コメントする

メールアドレスは非公開です

最新記事

2011年8月1日
ボランティア活動
2011年7月29日
移動中。
2011年7月25日
テレビからネット
2011年7月20日
本格的な夏
2011年7月15日
レンタルサービス
  • 新着コメント

  • タグクラウド

    No tags.
  • 記事カテゴリ